本文へ

団体概要


ご挨拶

環境パートナーシップ会議 設立にあたって

18世紀にイギリスで興った産業革命以降、人類は地球上の自然資源を大量に利用し、とりかえしのつかない事態にまで地球環境の悪化を導いてしまいました。1972年の「ストックホルム会議」、1992年の「地球サミット」を経て、私たちは「持続可能な開発」「パートナーシップ」「多くの主体の参加」というキーワードを手に、地球環境保全活動の推進に努めてまいりました。しかしながら、とどまるところを知らない経済活動や政治情勢など、さまざまな要因も手伝って、地球環境は更に悪化しつつあるのが現状です。

今後、環境保全活動をより実効性のあるものにしていくには、現状の意思決定の仕組みよりも、より効果的な手法を創り出していくことが肝要と考えます。単独の組織では解決できない課題について、多様な主体(マルチステークホルダー)の参加によってプラットフォームを形成し、そこで得られた成果や知見をまとめ、新しい状況に対応するパートナーシップの手法やシステムの開発、社会環境整備に関する提案、人材育成を行う場を創ること、異なった文化を持つ主体をつなげるための、コーディネートを行うことが必要と考えています。

このような仕事をすることが私たち市民の社会的責任と捉え、「有限責任中間法人環境パートナーシップ会議(EPC)」を設立しました。市民、企業、行政という主体の違いを超え、様々な人が集い、プロジェクトを生み出したり、パートナーシップを結ぶお手伝いをしたりということを通じて、持続可能な社会づくりに貢献できたらと切に願っています。例え長江のような大河であっても、全ての川は大地から滲みだした滴が集まって出来るものです。有限責任中間法人環境パートナーシップ会議は始まったばかりで、まだ小さな泉に過ぎませんが、皆さんの共感を得て「環境パートナーシップ」という大河に、共に成長していく事を願っています。EPCは、出会いの場を作り活動することによって、新しいパートナーシップを生むことに存在価値があります。こうした取り組みの成功が、地球や人類の未来の、希望を広げるものだと確信します。

平成18年12月
一般社団法人 環境パートナーシップ会議
代表理事 廣野良吉

EPCのミッション

さまざまな機会・時間・空間でさまざまな“つなげる”をプロデュースし、発信する

セクターをつなげる
企業、NPO/NGO、中央省庁、自治体、研究者、生活者、青年・・・
地域をつなげる
各地のNPO、全国のパートナーシップ拠点、まちとむら・・
分野をつなげる
福祉、人権、国際協力、ジェンダー、・・・
さらに、“世界とつなげる” 、“未来へつなげる”、・・・ ・・・

EPCの役割(事業領域)

さまざまな主体をつなぎ、協働による対話・情報共有・協働事業を生みだす ために、EPCには以下のような役割があります。

  1. 仕組みづくり(プラットフォーム(場)づくり)
    参加型で政策や課題解決手法を考え、立案、実施するワーキンググループの設置
  2. 人づくり
    各事業を通じて“つなげる”仕事がコーディネートできる人の育成
  3. 実例づくり(プロジェクトづくり)
    課題解決の場、協働の場を通じて具体的な“実例”を作り、広める
  4. 情報共有のデザイン
    場とネットワークを活用し、国内外との情報コミュニケーションを図る

EPC役員

・代表理事:廣野 良吉
 成蹊大学名誉教授。1959年にシカゴ大学を卒業し、日本の開発協力と海外の国際開発課題および評価について広範な実務経験を持つ。国内では、経済審議会、対外経済協力審議会、公害対策審議会、中央 環境審議会、林政審議会委員等多くの政府審議会委員や国際開発学会(JASID)会長、地球環境基金助成委員会座長、イオン環境財団理事、北九州市環境顧問、武蔵野市国際交流協会顧問、練馬区行政評価委員会委員長等を歴任し、海外では国連 経済社会理事会 (ECOSOC)開発政策委員会議長を務めたほか、アジア太平洋経済社会委員会(ESCAP)、アジア開発銀行(ADB)、国連開発計画(UNDP)など数多くの国際機関にて上級管理職を務め、国際開発協会(SID)理事、国際開発評価協会(IDEAS)副会長、アジア太平洋評価協会(APEA)会長、国連大学(UNU)のシニア・アドバイザーなど多数の機関の諮問委員を歴任。また長年にわたり、客員教授としてアジア、北米、欧州、大洋州、アフリカ各国の大学院で教鞭を執る。現在は、日本評価学会顧問、日本ユニセフ協会理事、セブン-イレブン緑の基金最終審査会座長、地球環境基金運営委員、地球環境戦略研究機関参与等を兼務。

・副代表理事:星野 智子

・理事・事務局長:尾山 優子

・理事:黒田 かをり(一般財団法人 CSO ネットワーク 理事・事務局長)

・理事:後藤 敏彦((特活)サステナビリティ日本フォーラム 代表理事 )

・理事:島田 幸子

・理事:竹田 純一(株式会社 森里川海生業研究所 共同代表)

・理事:阪野 俊治

・監事:伊藤 隆信


・監事:伊藤 文夫

(2018年6月27日現在 五十音順)

団体概要

名 称:一般社団法人環境パートナーシップ会議

代表者:代表理事 廣野 良吉

設 立:20061220

基 金:300万円

所在地:150-0001 東京都渋谷区神宮前5-53-67 コスモス青山B1F

連絡先:パートナーシップ・プロデュース部 TEL03-5468-8405

    基金管理事業部 TEL03-5468-6751

事業内容

パートナーシップ支援事業

セクターを越えたパートナーシップの仕組みづくり
企業のボランティア・社会貢献活動のコーディネート
企業のCSR業務コンサルテーション

主な実績

ネットワーク事業

市民セクターのネットワーキング

主な実績

国際テーマ普及啓発

SDGsに関する普及啓発
ESDに関する普及啓発
リオ+20に関する普及啓発

主な実績

環境関連普及啓発

生物多様性に関する普及啓発ほか、環境に関する普及啓発

主な実績

  • UNDBJ https://undb.jp/
  • 水俣病経験の普及啓発
  • 遺伝資源へのアクセスと利益配分(ABS)

講演・審査・調査

講師派遣、研修会企画
助成金、表彰制度 選考委員

主な実績

  • 経団連社会貢献講座
  • 環境省環境パートナーシップ研修
  • 低炭素杯審査員
  • 環境パートナーシップ調査、環境学習施設調査

政府の基金設置・管理事業

 補助金等の交付により造成した基金等に関する基準等に基づく公表
 平成21年度補正予算において設けられた基金等の執行状況等の公表

政府の間接補助事業について

ディスクロージャー

一般社団法人 環境パートナーシップ会議(EPC)の団体に関する情報

団体概要(2018年6月)

定款(2018年6月改定)

決算
・第1期 2006年度(平成18年度)
・第2期 2007年度(平成19年度)
・第3期 2008年度(平成20年度)
・第4期 2009年度(平成21年度)
・第5期 2010年度(平成22年度)
・第6期 2011年度(平成23年度)
・第7期 2012年度(平成24年度)
・第8期 2013年度(平成25年度)
・第9期 2014年度(平成26年度)
・第10期 2015年度(平成27年度)
・第11期 2016年度(平成28年度)
・第12期 2017年度(平成29年度)

エコアクション21
環境活動レポート(2016年11月〜2017年10月)