本文へ

準備会合は終わったけれど… -現地レポート2

Pocket

交渉文章としてはまだまとまっていないところが多くあるまま、
15日に3日間の準備会合が終わってしまいました。
今日からはブラジル政府に議論進行が引き渡され、その進め方に注目が集まっています。

昨日は、朝9時すぎから22時までテーマごとに14ディスカッショングループ(クラスター)が行われ、
22時からプレナリーが開催されました。
ディスカッショングループでは交渉を纏めるべく、断続的に会合が行われ議題に関心の高い国で合意できる点の作成を試みたり、
合意に至らないものをどんどん削ったり、、、譲歩したり、、、しながら
遅いながらも、毎日少しづつ進んでいます。
昨日までに116パラグラフは合意されました。でも…191パラ残っています。

特に交渉が難航しているのは、3章 グリーンエコノミー、4章制度的枠組み
(特に市民参加と、持続可能な開発理事会をつくるかどうかのパラグラグ)
6章 実施手段です。
エネルギーは、ブラジル政府が気に入りの国だけを招いて非公式に議論を
進めていることがわかり、メジャーグループや招かれていない国からもそのプロセスに
非難が上がっていました。

ブラジル政府、合意された部分を成果文章としてまとめ、
合意されていない部分を交渉すべく準備を進めているようです。
今日の12時からプレナリーが始まるようですが、交渉に
メジャーグループが参加できるのかはまだ、わかりません。

メジャーグループ、特にユース、NGO、女性グループなどが積極的に様々なロビー活動を
行っています。

今日も頑張ります。

北橋