本文へ

【レポート】 Rio+20国連準備会合 -3月27日報告-

Pocket



リオ+20準備会合の報告をニューヨーク国連本部からお届けします。

日本からの期間中の関係参加者:
足立治郎(JACSES)、田辺有輝(JACSES)、小野田真二(JACSES)、今井麻希子(UNDB市民ネット)、サイモン・オルセン(IGES)、ロバート・キップ(IGES)、苦瀬雅仁(国連大学)、肥後八重戸(国連大学)、北橋みどり(EPC)、熊沢直美(EPC)


3月23日、7日間の交渉会議のうち5日目の朝の時点で、
政府間の交渉の状況、市民側の話し合いのテーマとなっている点について。


23日~27日までの進行について。最終日の交渉会議が終わった時点での状況、次回の予定について。


非公式会合・インターセッショナルを参加して。会議終了後の夜、Jacsesの田辺さんより。



政府間交渉を聞いてメモを取っている様子。会議の7日間、ほぼ1日中この状態でした。


女性グループのデイリーMTG


Youth・子どもグループのMTG


朝日新聞の行方さん、UNDB市民ネット今井さん、地球サミット2012Japan佐藤さんと。


Rio+20広報スタッフがYouthの声を動画で収録中。


YouthグループのLloydさんと、IGESのサイモンさん。