本文へ

[終了]2/15(水) 第10回Road to Rio20「日本からリオ+20への発信」

Pocket




第10回 地球サミット連続セミナー・Road to Rio20
「日本からリオ+20への発信」


この連続セミナーではリオ+20の内容を紹介し、議論のきっかけを提供します。
第10回では、動き始めた日本からの提言を展望します。1月に行われた第1回の成果文書の交渉の様子を速報するとともに、リオでもうひとつ行われ る予定の「People’s Summit」に向けて日本から目指すべき提言について、国際活動経験豊富な有識者をお招きし、会場の皆様と意見を交わします。

地球サミットや、持続可能な未来について興味がある、多くの皆様のお越しを広くお待ち致します。
お申込み
https://www.worldbank.or.jp/forms/120206_03_form.html


日時
2012年2月15日(水)午後6時30分~午後8時30分(予定)

場所
世界銀行情報センター(PIC東京)
東京都千代田区内幸町2-2-2 富国生命ビル1階(ロビー)
地下鉄三田線内幸町駅直結、千代田線・日比谷線・丸の内線霞ヶ関駅C3出口下車

主催
地球サミット2012Japan 、世界銀行東京事務所、環境パートナーシップ会議、CEPAジャパン

ファシリテータ
川廷 昌弘さん
(CEPAジャパン 代表理事) 

ゲスト
廣野 良吉さん
(一般社団法人 環境パートナーシップ会議 代表理事、リオ+20と生物多様性実行委員会呼びかけ人、 成蹊大学名誉教授)
国連経済社会理事会開発政策委員会の議長を務めたほか、アジア開発銀行(ADB)、国連開発計画(UNDP)、国連アジア太平洋経済社会委員会等 数多くの国際機関に勤務。 

堂本 暁子さん
(一般社団法人CEPA JAPAN アドバイザー、リオ+20と生物多様性実行委員会呼びかけ人)
女性の社会的地位向上がライフワークとし、GLOBE第5代世界総裁、千葉県知事などを務めた。また、1997年、UNEP「環境に貢献した25 人の女性リーダー」に選ばれ、IUCN副会長を務めたなど、環境保全にも政治家の立場から尽力。


★第1回交渉・NGO参加報告: 
今井麻希子 (UNDB市民ネットワーク)
服部 徹 (地球サミット2012Japan)


お問合せ
世界銀行情報センター(PIC東京) 
E-mail: ptokyo[アット]worldbank.org 
Tel:03-3597-6650

お申込み
以下お申し込みフォームよりコーヒーアワーのご案内ページより、お申し込みください。
https://www.worldbank.or.jp/forms/120206_03_form.html


その他
参加費無料(コーヒー付き)、使用言語は日本語。 
※定員になり次第、締め切らせていただきます。


※このセミナーシリーズの一部は、平成23年度独立行政法人環境再生保全機構地球環境基金の助成を受けて開催しております。



団体紹介
○地球サミット2012Japan  
2012年、シフトを日本から。
リオ+20に向けて、世界と日本をつなぐプラットフォームを提案・実践する非営利ネットワーク。3.11に始まる未曾有の困難の中から、私たち自 らが実現していく未来の姿を描き出し、世界に届ける「Japan VOICES」プロジェクトを展開しています。

○環境パートナーシップ会議
地域の環境団体や、政策提言を行う環境NGOを支援し、企業や政府とつなぐこと(パートナーシップ)によって、課題を解決に導く新しい力を生み出 すことを目的に活動しています。
国連大学1Fにある地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)の運営をしています。

○CEPAジャパン~もっと身近に、生物多様性。~
生物多様性条約市民ネットワークの普及啓発作業部会、TEEB作業部会、開発作業部会が合同でつくった後継団体。生物多様性を日々の営みの中で身 近な存在として呼び戻し、学びと暮らし地域づくりを一緒に変えてゆく試みを進めて参ります。