本文へ

[終了]2/22(水) 地球の20年の歩みとこれから若者がすべきこと

Pocket




Streaming live video by Ustream

○●―――――――――――――――――――――●○

    地球サミット2012に向けた勉強会
 ~地球の20年の歩みとこれから若者がすべきこと~

  日時:2月22日(水)13:00- 会場:GEOC

○●―――――――――――――――――――――●○


1992年に地球サミットが開催されてから20年が経過します。
地球サミットでは気候変動枠組条約や生物多様性条約など
今まさに国際会議で1大テーマとなっている環境問題についての
議論の契機となる場となりました。

“環境”という言葉は暮らしの中でも多く聞かれるようになり、
若者の活動にも大きな影響を与えました。
私たちユースが歩んできた20年は、転換期といえます。

2012年6月、再びリオデジャネイロで世界会議が開催されます。
地球サミットから20年。
20年間の歩みを振り返りながら、
これからの社会について考えてみませんか?


■開催概要
 日 時 :2012年 2月22日(水)13:00~16:30(開場12:45)
 会 場 :地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)
 対 象 :環境活動をしている若者
      環境活動を始めたいと思っている若者
参加費 :無料
 主 催 :一般社団法人 環境パートナーシップ会議(EPC)
 共 催 :エコ・リーグ(全国青年環境連盟)

■ プログラム(一部調整中)
 12:45~  受付開始
 13:00~13:30 オープニング、全体交流
 13:30~14:15 地球サミットの概要と20年間の歩み
 14:15~15:00 講演
 15:00~15:15 休憩
 15:15~15:35 ユースにもできること~海外ユースの動き~
 15:35~16:00 意見交換
 16:00~16:15 クロージング
 16:15     終了予定


【講演】
○谷崎テトラ氏
 作家/構成作家/ワールドシフト・ネットワーク・ジャパン代表理事/
 地球サミット2012 Japan副代表/音楽プロデューサー/作曲家/DJ。
 愛知県立芸術大学非常勤講師。
 海外での取材をもとにしたTV・ラジオ番組や出版の企画編集など
 様々なメディアを通じて活動している。

〇佐藤裕基氏
旭川ウェルビーイング・コンソーシアム学生自主組織「はしっくす」監事(旭川医科大学6年)。2005年よりNPO法人「カラカネイトトトンボを守る会」で水環境、及び湿地の保全活動に従事しております。2006年より旭川に移り、環境教育、学生による地域ー大学間連携、地域作りに取り組んでいます。
この間、第4回(第2回世界子供水フォーラム併催)、第5回世界水フォーラム(第4回世界ユース水フォーラム併催)参加し、2010年ASEAN+3 Youth Environment forumに参加しました。また2011年にTUNZA International children and youth conferenceに参加し、Rio+20に向けたディスカッションにも興味を持って各国のユースと連携を図っています。



■ お申込み
 以下の申込みフォームよりお申込み下さい。
 http://bit.ly/AiEXvi
 定員:40名(事前申込み制・定員に達し次第受付を締切ります)

■ 会場へのアクセス
 地球環境パートナーシッププラザ(GEOC) 国連大学1F
 渋谷駅から徒歩10分。
 地下鉄表参道駅出口B2(銀座線、半蔵門線、千代田線)から徒歩5分。
 http://www.geoc.jp/access

■連絡先
 一般社団法人 環境パートナーシップ会議(EPC)(担当:北橋・岡田)
 TEL:03-3407-8107  FAX:03-3407-8164
 E-mail:youth.rio20workshop○gmail.com(○を@に変換して送信下さい)
  ※連絡はできるだけEメールでお願いします。

※本イベントは、H23年度 地球環境基金の助成を受けて開催しています。