本文へ

[終了]12/10(土) 国連生物多様性の10年記念フォーラム「生物多様性の10年を広げよう」

Pocket

※NGO連絡会参加団体に関連するイベントを掲載しております。




国連生物多様性の10年記念フォーラム「生物多様性の10年を広げよう」
日時:12月10日(土) 

昨年10月、愛知県名古屋市で生物多様性に関する国連の会議が開催されました。
今後、各国が生物多様性保全に向けて努めることが合意され、「国連生物多様性の10年」
や「愛知目標」など、取り組むべき事項が定められました。
COP10から1年が経過し、また国連生物多様性の10年であるこの機会に
専門家のお話を聞き、日本全体の進捗について検証します。
また、企業・自治体・NGOそれぞれの最新動向や戦略について紹介し参加者のみなさんと
取り組みや課題、今後の展開などについて話し合いたいと思っております。

■ 開催概要
日 時 :12月10日(土)13:30~16:30
場 所 :GEOCセミナースペース
主 催 :地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)
共 催 :一般社団法人 CEPAジャパン
協 力 :特定非営利活動法人 シーズ・市民活動を支える制度をつくる会
     国連生物多様性の10年市民ネットワーク(UNDB市民ネット)
内 容 :

第一部 基調講演 

『愛知目標を理解し、どう地域で行動に落としていくのか:国際交渉動向と今後の展開』

     香坂玲氏(名古屋市立大学准教授/国連大学高等研究所客員研究員)

第二部 リレートーク&パネルディスカッション

『行動を起こすために・・さまざまな立場から』   

     牛場 雅己氏(環境省生物多様性施策推進室長)『生物多様性の主流化』

     奥田 直久氏(環境省生物多様性地球戦略企画室長)
      『新しい生物多様性国家戦略の策定に向けて』

     河合 太一氏(横浜市環境創造局政策課)『動き始めた自治体』

     川廷 昌弘氏(CEPAジャパン)『もっと身近に-市民への普及について-』

     徳武 雅也氏 (環境団体NEO)『愛知県の高校生が思い描く未来』

     道家 哲平氏(日本自然保護協会/IUCN-J
      『愛知ターゲット達成に向けた、にじゅうまるプロジェクト』

     西堤 徹氏(経団連自然保護協議会企画部会委員
     『生物多様性民間参画パートナーシップの活動について』

     服部 徹氏 (CEPAジャパン
      『2020年 愛知ターゲット達成社会とビジネス』

     モデレーター 今井 麻希子 (GEOC「つな環」編集委員

スペシャルゲスト:堂本暁子氏(前千葉県知事/生物多様性の10年日本委員会委員)

※当日、会場GEOCにて「生物多様性の10年」企画展示を行っております。


■ お申込み・お問合わせ

お申込みフォーム(http://www.geoc.jp/mail_form/14/ )よりお申込み下さい
定員:80名(事前申込み制・定員に達ししだい受付を締切ります)

地球環境パートナーシッププラザ(担当:北橋・星野)