本文へ

[終了]7/28(土) 地球サミット「リオ+20」報告会 in 京都

Pocket




2012年6月、ブラジルのリオデジャネイロで「国連持続可能な開発会議(リオ+20)」が開催されました。各国の首脳をはじめ、NGO・女性・若者・先住民グループ、自治体、企業などから約4万5千人もの人が集まり 、私たちの望む未来について話し合いました。
1992年の「地球サミット」で地球環境問題が大きく提起されてから20年がたち、グリーンエコノミー、持続可能な開発目標(SDGs)などが話し合われたこの会議で、何が決まり、また何が決まらなかったかのでしょうか? そして、これからの未来へ向けて、私たちに問われていることは何でしょうか?
報道では低調の声もあった地球サミット「リオ+20」について、現地に参加した各分野のゲストの生の声を届けるとともに、かけがえのない地球の未来をどのように守っていけばいいのかを皆で考える機会にしたいと思います。ぜひお越しください!

◆日時:7月28日(土)16時~19時30分(終了後、懇親会あり)
◆場所:京都テルサ第2・3セミナー室(東館2階)
(最寄駅:地下鉄九条駅又は近鉄東寺駅から徒歩約5分、京都駅から徒歩約15分)
 地図:http://www.kyoto-terrsa.or.jp/access.html

◆プログラム(予定) 
15:45 開場
16:00 開会 挨拶 星野智子氏(環境パートナーシップ会議)
16:10 講演Ⅰ 総論:「リオ+20 の概要・会議の様子と成果(仮題)」 熊沢直美氏(環境パートナーシップ会議)
16:30 講演Ⅱ 各論
 1.グリーンエコノミーとBeyond GDP 佐藤正弘氏(地球サミット2012Japan代表/京都大学准教授)
 2.森林/先住民 石崎雄一郎氏(京のアジェンダ 21 フォーラム/ウータン・森と生活を考える会)
 3.ESD/教育 野口扶美子氏(「持続可能な開発のための教育の10 年」推進会議)
17:15 パネルディスカッション
 テーマ:「グリーンエコノミーと持続可能な開発目標(SDGs)」
 パネル登壇者:熊沢氏、佐藤氏、石崎氏、野口氏、◎星野氏(司会)
17:50(休憩)
18:00 アースダイアログ「これからの地球の未来に向けて(仮題)」
19:10 ダイアログの結果共有
19:30 閉会        
※終了後懇親会(会場調整中)

◆参加費:500円(懇親会は別途3000円程度)
◆主催:アースデイ東京、地球サミット2012Japan、京のアジェンダ21フォーラム
◆共催:一般社団法人環境パートナーシップ会議(調整中)
◆協力:かんえこ(関西環境系異業種ネットワーク)

◆申込み:こちらからご登録下さい
 http://goo.gl/pHh9E

◆お問い合わせ:
 京のアジェンダ21フォーラム事務局(井上、石崎)
 Tel:075-647-3535
 E-Mail:ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp

※この企画は「独立行政法人環境再生保全機構地球環境基金」の助成を受けて開催されます