本文へ

環境保全及び協働取組に関する協力協定書の締結について  

Pocket

環境パートナーシップ会議は、受託している地球環境パートナーシッププラザの活動を通して環境保全活動のためのパートナーシップを一層進める連携を一般財団法人セブンーイレブン記念財団と進めることとなりました。 その実現のために3月12日(金)に、一般財団法人セブンーイレブン記念財団、環境省と、地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)受託団体である一般社団法人環境パートナーシップ会議は、「環境保全及び協働取組に関する協力協定書」を締結しました。

 

協定の目的・経緯

環境省では平成31年4月に閣議決定された第五次環境基本計画で打ち出した地域循環共生圏を通じて持続可能な脱炭素社会の実現に取り組んでいます。また、一般財団法人セブンーイレブン記念財団は全国47都道府県のセブンーイレブン店舗21,167店(2021年2月末時点)で集まった募金を地域に還元するため助成活動を通じて環境をテーマに社会貢献に取り組んでいます。環境パートナーシップ会議は、パートナーシップの促進に取り組み、環境省と国連大学共同で設置する地球環境パートナーシッププラザの運営を受託しています。

この度、上記の三者は、日本全国における環境保全活動及び環境の保全に関する協働取組の推進を図り、もって、地域における環境問題の解決に向けた取組及びSDGs達成に向けた取組を促進し、そして各地域社会の持続的な発展に寄与するという目的を共有していることを確認しました。そして、相互に協力してパートナーシップでこれらの取組を促進しさらなる取組の深化や発信等を行うことに合意し、協力協定を締結することといたしました。

 

協定の概要

目  的:三者が協力し、地域社会の持続的な発展に寄与すること。

協力内容:(1)環境保全活動及び環境の保全に関する協働取組に関する事項、
     (2)SDGs達成に向けた取組に関する事項、
     (3)その他、本協定の目的に資する事項とし、
     具体的な協力事項は、別途、三者で協議して定めるものとする

協定書

当面の活動内容