本文へ

令和6年度 バリューチェーン脱炭素促進利子補給事業に係る指定金融機関の公募

令和6年5月14日更新

 本事業は、令和6年4月に環境省から令和6年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(金融機関を通じたバリューチェーン脱炭素化推進のための利子補給事業(バリューチェーン脱炭素促進利子補給事業))(以下「本事業」という。)の交付決定を受けた一般社団法人環境パートナーシップ会議(EPC)が、金融機関が行うバリューチェーン全体の脱炭素に資する設備投資に対する融資(以下「交付対象融資」という。)に対し、その利子の一部を補給する事業に対して補助金を交付することにより、バリューチェーン全体の脱炭素に資する設備投資を促進し、もってエネルギー起源二酸化炭素の排出削減を推進することを目的とします。

 この度、本事業に参加する金融機関を以下のとおり公募しますので、お知らせいたします。

    主な注意点は以下の通りです。

    ●押印を省略した電子データでのご提出をお願いします。

    ・応募書類等はPDFファイル等により電子化し、電子メールにより提出してください。  
    ※詳細は、当ページに掲載の公募要領、交付規定等をご確認ください。

    ●バリューチェーン脱炭素促進利子補給事業・制度の変更点について

    ・R5年度まで新規申請を受け付けていた地域脱炭素融資促進利子補給事業との主な変更点はこちらをご確認ください。

     

    【公募期間】
    令和6年5月9日(木)~12月27日(金)12時必着

    なお、予算の進捗状況等により、公募の締め切りが早まる可能性があります。

    【公募の対象となる金融機関】

    企業と連携し、当該企業のバリューチェーンの脱炭素に資する取組支援の実績を有している金融機関、及び脱炭素融資を行う一般社団法人全国地方銀行協会又は一般社団法人第二地方銀行協会に加盟している金融機関等

    (※詳しくは、指定金融機関公募要領をご覧ください。) 

    【公募要領等】

    応募の際は以下の指定金融機関公募要領、交付規程及びよくある質問と回答(Q&A集)をご覧ください。

     ・指定金融機関公募要領        ※公募要領Word様式ダウンロードはこちら
     ・交付規程(令和6年5月9日付け)  ※交付規程Word様式ダウンロードはこちら
     ・よくある質問と回答(Q&A集Ver.1)  

    【審査方法】  
    応募書類による審査と必要に応じてヒアリング審査を実施いたします。

    【提出方法】

    応募様式及び添付資料は、それぞれ PDFファイル等により電子化し、件名を「バリューチェーン脱炭素促進利子補給事業応募」とした電子メールにより提出してください。

    【提出先及び問合せ先】

    バリューチェーン脱炭素促進利子補給事業事務局
    ※応募時のメール件名は、「バリューチェーン脱炭素促進利子補給事業応募」としてください。
     E-mail:info.fund(アットマーク)epc.or.jp ※(アットマーク)は@に変換してください。
     電話:03-5468-6753

    ※ご連絡いただいたメールアドレス等の個人情報は、他の目的で使用することはありません。
    ※同ホームページに掲載する公募要領、交付規程、及びよくある質問と回答等を熟読した上でご不明な点がある場合は、質問と回答に行き違いがないよう原則E-mailにてお問い合わせください。なお、電話で問い合わせた場合でも、お問い合わせ内容をE-mailにて送付してください。
    ※申請を行う際やご相談をいただく際は、金融機関様の窓口は1つに統一してください。(支店、他部署など複数の方からではなく、必ず取り纏め窓口となるお一人の方からのお問い合わせをお願いいたします。)

    <参考1>
     ・交付規程の様式の主な記入例

    <参考2>
     ・環境省 報道発表のページ
    https://www.env.go.jp/press/press_03159.html

      ・地球温暖化対策事業効果算定ガイドブック(ハード対策事業計算ファイル)
    http://www.env.go.jp/earth/ondanka/biz_local/gbhojo.html

    <参考3>
     ・バリューチェーン脱炭素促進利子補給事業交付要綱
     ・バリューチェーン脱炭素促進利子補給事業実施要領